中期ビジョン

公益社会法人習志野青年会議所中期ビジョン

2.習志野JC宣言と解説

《習志野JC宣言》

習志野青年会議所は自然と文化が共生するまちと子ども達の輝く未来を想いあふれる創造力と情熱を集め
変革への気概を絶やすことなく「夢」を「現実(かたち)」にすることを誓う

 

《習志野JC宣言の解説》

自 覚 ~習志野青年会議所は~
創立以来、先輩諸兄がたゆまぬ努力によって築き上げてきた、その歴史と伝統をしっかりと受け止め、メンバー一人ひとりがその責任を自覚し誇りを持って日々のJC運動に励むこと。すべてはここから始まります。

想 い ~自然と文化が共生するまちと子ども達の輝く未来を想い~
地域社会を愛する気持ちは、青年会議所運動の根底にあるものだと考えます。自分達のまちをよくしたい、子ども達の輝く笑顔が見たい。想いが強ければ強いほど言葉や行動となって現れるのです。

集 結 ~あふれる創造力と情熱を集め~
私たちは、時代の担い手たる責任感を持った20歳から40歳までの青年の集まりです。そして、それぞれに青年らしい感性と創造性、熱き思いを持っています。それらを結集させて同じ目的に向かって突き進むことが、個の志を組織としてより強固なものにする大きな原動力となります。

使 命 ~変革への気概を絶やすことなく~
物事を変えること、新しいものを創りだすことには、とても大きな力が必要です。ときには挫折することもあるかと思います。しかし、自分が変わらなければ、人は変わりません。まちも変わりません。残すべきものと変えるべきものをしっかり判断し、変化することを恐れずに、協働共存のもと市民と一緒になって社会を変革する団体としての使命を胸に、困難にくじけない強い意志を持ち続けることが大切です。

宣 誓 ~「夢」を「現実(かたち)」にすることを誓う~
私たちは、地域に住むすべての市民とともに、平和で明るい豊かな社会を創り上げていくといった究極の目的があります。そんな理想の社会を目指し、夢を現実(かたち)に変えていくためのJC運動を展開していくことを宣言します。

 

3.中期ビジョンの位置づけと目標年次

《目標年次》

40周年までを目途としたビジョンです。但し、私たちを取り巻く環境の変化は非常に速く、目指すべき目標や手段も変わっていくことが予想されますので、必要に応じて見直しを行うことが望ましいと考えます。

 

4.中期ビジョン

《1.まちづくりビジョン》

一.市民協働の場の創出と市民意識改革の推進

「まちづくり」=「ひとづくり」と言われるように、まちづくりにおいて人と人とのつながりほど大切なことはありません。地域のことは地域自らが責任を持って行うといった地域主権時代の主役は、まさにそこに住む市民(ひと)であります。それならば、そこに住む地域の人たちと共に未来を語り、手を携えて一緒になって地域の課題を解決する、そんな市民協働の場を創出していくことがこれからは必要ではないでしょうか。地域のニーズにあった政策を提言し、市民とともに実現を目指す団体として、市民の意識改革を推進していかなければなりません。市民主体のまちづくりこそ私たちの理想とする地域社会の形ではないでしょうか。

 

一.行政、諸団体との連携強化(地域の特色を最大限に活かす)

近年、多くの市民団体がそれぞれの地区で活動していますが、その先駆けとなったのがまさに青年会議所です。そして、これからもそれらの団体と連携をとりあって、まちづくりにおける一つの方向性を創っていくのが私たちの役目だと思われます。あるときは行政とのパイプ役として、あるときは地域のコーディネーター役として、まさにまちづくりのオピニオンリーダーとしての活躍が求められます。個性的で魅力ある地域の特色を活かしたまちづくりを推進するためにも、地域で活躍する諸団体との連携を強化していくことが必要かと思われます。

 

一.習志野の資源(自然、歴史、文化、芸術)を活かしたまちづくり

東京のベッドタウンとして発展したわがまち習志野。他の地域からの移住者も多く、また都市化も進んでいます。しかし近年、親から子へ、そして孫へといった世代交代の流れのなかで、このまちを「終(つい)の住みか」にと考える市民も増えてきているようです。そんな「ふるさと・習志野」といった郷土愛を育んでもらうためにも、習志野にある財産(例えば、ハミングロードという緑であり、谷津干潟という自然であり、多くの歴史・文化であり・・・)の素晴らしさを、私たちはもっとたくさんの地域市民に伝えていくべきではないでしょうか。

 

《2.青少年育成ビジョン》

一.家庭、学校、青年会議所が連携した事業展開

子ども達は、家庭では親を、学校では先生を、そして、地域では私たち大人を見て育ちます。そのようなことを考えると、家庭、学校、地域がそれぞれの役割を自覚し、かつ、きちんと連携をとりながら独自の地域教育を高めていく必要があるのではないでしょうか。私たちが互いに異なった方向を向いていたのでは、子ども達の不安も解消されないのではないでしょうか。最近、地域コミュニティーを取り戻すべく、各地で青少年育成団体の活動が活発になってきているように思われます。そういった団体へ、私たちが主管として実施してきた事業の運営移管を実施することが必要かと思われます。また、青少年といった観点からの中学・高校生を対象とした新規事業や、学校との協同事業の企画なども検討していくべきではないでしょうか。

 

一.共に「学び」、「遊び」、「ふれあう」ことができる事業の推進

私たち習志野青年会議所は、創立以来、次代を担う子ども達のために、数多くの青少年育成事業を実践してきました。その貴重な財産である経験と実績をさらに発展させ、これからは、共に「学ぶ」「遊ぶ」そして「ふれあう」といった事業を中心に展開していくべきではないでしょうか。身近な事柄をテーマにしたふれあい運動や、社会の仕組みを体験できる(活きる力を身につけられる)運動、自然を身近に感じることができる運動の推進などが必要かと思われます。

 

一.教育環境の検証・提言

近年、犯罪の低年齢化や家庭崩壊等、青少年を取り巻く社会問題が増加しています。その理由のいくつかとして、これまで日本人が日本人として身につけてきた「道徳観」「倫理観」というものが欠如し、人格形成に必要な「ひと」としての豊かな感情の育成、社会生活を営む上での規範意識の確立、他人との関係を構築するコミュニケーション能力の育成、ができていないといった点が挙げられています。本来あるべき姿がなくなった、あるいは忘れてしまった要因を様々な角度からきちんと検証する必要があるのではないでしょうか。本当に「ゆとり教育」なのか、日本人として学ぶべきことは何なのかなど、子ども達の教育環境を真剣に考えなければなりません。併せて、少子化に対応した学区制度になっているか、子どもを産み育てる環境が整っているかなど、市内の状況把握も必要かと思われます。

 

《3.組織進化ビジョン》

一.JC運動のPR強化と新入会員思いやり運動の展開

40歳卒業という年齢制限の中で、常にメンバーが入れ替わる現状の組織体系において、会員拡大は永遠の課題ではないでしょうか。「明るい豊かな社会を実現する」という究極の目的を達成するためにも、メンバー全員が自らのJC運動を具体的に理解し、その必要性と素晴らしさを一人でも多くの青年同士に伝えなければなりません。併せてOBや関係諸団体との連携を密にとりながら、JC運動を地域全体に浸透させるための情報発信をしていくべきではないでしょうか。また、入会後のフォローとして、経験の浅いメンバーに対して、組織としての目標やJayceeとしての「自覚」と「誇り」をきちんと伝えていける内部体制の整備が必要かと思われます。

 

一.個としての資質向上

個(メンバー一人ひとり)のレベルが高まるということは、個が成長することで組織のキャパシティが広がり新たな方向性を見出し、それがさらなる個の成長を手助けするといった好循環を生み出します。また、個と個のつながりが強固になればなるほど、ゆるぎない組織が生まれます。お互いに切磋琢磨しあう関係の中で、自らが能動的に情報を集めながら、自己修練に励んでいくことが大切です。

 

一.新たな経営モデルの検証(経営革新への取り組み)

メンバー自らが本業において成果を残せなければ、JC運動そのものへの情熱も失われてしまいます。青年人としてのスキルを高め、それを現場で実践することが大切です。ただ単に勉強し知識を蓄えるだけでは成長するとは言えません。成長するとはまさに「変化する」ことなのではないでしょうか。そして、その変化するための手法を学ぶことが今の習志野青年会議所にとって必要なことだと思われます。本業を通じた資質向上や組織マネジメント力の向上が、習志野青年会議所のレベルアップと同時に、習志野市に対する社会貢献にもつながってくると思われます。

 

5.終わりに

明るい豊かな社会を創出するために、メンバーが一丸となって、いつの時も夢を描き、それを現実(かたち)にしようと努力する。習志野JCだからできること、習志野JCでしか味わえない感動がここにはあります。

このたび、習志野青年会議所の理念・指針としての習志野JC宣言及び、40周年に向けた中期ビジョンを策定しました。単年度制でありながらもしっかりした軸足を確立させ、各年度が連鎖しながら、その方向性を見失うことなく日々のJC運動を展開していくことが、変革への第一歩だと思われます。

2007年度以降は、ぜひ今回策定したビジョンのイメージをより具体的に膨らませて、実際の運動へと展開していくことを切に願います。そのことが、市民変革、社会変革運動を推進する原動力となるはずです。

ただ、忘れてはならないのは、どんなに変化する環境のなかにも、ぶれない原理・法則が必ずあるということです。変化の中に不動のものを見つけることは、変革の時代を生き抜く大切な鍵なのではないでしょうか。今回の習志野JC宣言と中期ビジョンも、過去からの青年会議所運動の誇りと自覚をきちんと受け継ぎ、次の時代にしっかり継承していくことこそが本当の意義だと確信しております。

いずれにしても私達に立ち止まっている時間はありません。過去に感謝し、現在をしっかり見つめ、風に流されるのでもなく、逆らうのでもなく、風を感じありのままに受け入れ、そして、習志野青年会議所から変革という名の新しい風を、わがまち「習志野」に吹き込みましょう。

関連リンク

賛助会員

Copyright© 2013 千葉県 習志野 公益社団法人 習志野青年会議所 All Rights Reserved.