会員拡大研修委員会

会員拡大研修委員会事業方針・事業計画

委員長 鈴木 雅順

事業方針

現在、我々習志野青年会議所のメンバーの約半数は入会から2年以内というメンバーで構成されており、かつ、5年後にはメンバーの人数が10名しか残らないという現状があります。設立以来40年間という先輩方から継承されてきたJCの魂の火を我々で絶やしては決してならず、むしろ先輩方から受け継いだ想いや熱いソウルをさらに高めるべく、メンバーの資質向上並びに、我々と志を共に分かち合う仲間を増やしていきます。
我々、習志野青年会議所は地域に根ざして、地域と共に成長しあい、愛され続けていく組織を継続していきたいと考えております。そのために我々の委員会としては、メンバーの資質向上が火急の事案になっています。そこで、今一度、立ち止まって、行動理念や理想を一致するべく、JC本来のもつ目標と目的をメンバーで一致させる事が大事と考えております。そのために4月例会では会員の資質向上を旨とした例会を開催し、年次の古いメンバーから新しいメンバーまで、JCの根本を勉強し、本来何をするところかを明確にし、足並みを揃えていきます。6月例会にはリーダーシップの向上を目的とし、社会活動だけではなくビジネスにおいても、指導力を発揮できるような啓発セミナーを行っていきます。7月例会においては、OBの先輩方と、JCスピリッツの継承を行い、現役メンバーとのJC魂のコラボレーションを行います。8月例会においては、OBとメンバーの交流、さらに、そこから生まれる家族間同士の交流も含めた例会にしていきます。そして我々と同じ志を持つ仲間を増やすために、足を使って、地域を回り近隣の皆様の言葉を聞き、我々の気持ちを共有してくれる同士を増やそうと考えております。
我々は地域に灯りをともしていきます。万里一空の精神の下、会員の拡大15名という、掲げた目標を弛まぬ努力で達成し、習志野青年会議所という灯りをさらに大きくともし、いつまでも習志野JCの灯りを消さぬよう、次世代に継承していきます。

 

事業計画

1. 会員拡大並びに増強、及びその統括に関すること。
2. 担当例会、事業の公益性に関すること。
3. 会員の資質向上に関すること。
4. 新入会員研修に関すること。
5. 特別会員、卒業生との交流に関すること。
6. サマーコンファレンスに関すること。(横浜)
7. 全国会員大会に関すること。(奈良)

関連リンク

賛助会員

Copyright© 2013 千葉県 習志野 公益社団法人 習志野青年会議所 All Rights Reserved.